2015年05月23日

ニセアカシア

子供のころからよく見かける植物。だけど、名前がわからないってありませんか?
私は、たくさんあります。
その中の一つだったこちら。

IMG_0906.JPG


春になるとたくさんの葉っぱが青々して、そして白い花が咲きます。

IMG_0766.JPG


高木なので上手く写せなかったのですが、なんとなくこんな感じ。

学名 : Robinia pseudo-acacia
属名 : マメ科 ハリエンジュ属
樹高は、20~25mにもなるのだそうです。
日本には、明治時代の初期に渡来。
原産地は、北アメリカ。

葉っぱは、鳥の羽のような形(小判型)をしています。 
いつも、この樹を見ると幼い頃にこの葉っぱで遊んだ事を思い出します。
私の生まれ育った場所は、すぐ裏が山でいろんな植物がたくさんありました。

昔は、アカシアと呼ばれていたらしいのですが、ネムノキ科アカシア属のものと区別をするためにニセアカシアと言うふうに呼ばれるようになったらしいです。 
針槐(はりえんじゅ)とも呼ばれるそうです。針槐の由来は、小葉の付け根に1対の棘があるそうです。
じっくり葉の付け根を見た事がないけれど、偽アカシアって呼ばれるよりも針槐の方がこの樹もうれしいのではないかと勝手に考えて今日も樹を眺めてみました。
posted by smile at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | hana | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/419401698
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。