2015年07月15日

日立の珈琲メーカーありがとう。

どちらかと言えば紅茶派の私ですが、この珈琲メーカーのおかげで珈琲の美味しさを知りました。(とは、言っても牛乳をたっぷり入れて飲んでますが。。。)
小さい頃は、家ではインスタントコーヒーを飲んでいて、そんなに美味しいとも思ってはいなかったのに加えて、通っていた小学校の近くに珈琲を焙煎している所があって、朝になるとその匂いで気持ちが悪くなり登校できず、家に戻る事も多々あったりしていたので、あまり珈琲に良い思いがなく大人になってからは、珈琲は飲まないと決めていました。 それが、結婚して家にこの子がいたのです。 これは、主人が中学生の時に自分のお小遣いで買ったらしい品物でした。 子供なのに、こんな珈琲メーカーをお小遣いで買うなんて変わった子供だったんだろうなぁ。。。 って思いました。

何十年も愛用しているものなのかと思うと少し愛着も出てきて、試しに飲んでみようと思う気持ちになりました。 ミル付きで、まず豆を入れてスイッチを押して豆を挽き、次に違うボタンを押してお湯を沸かしながらぼこぼこと珈琲が出てきます。 出来た珈琲をマグカップに注いで牛乳を加えるととっても美味しいではないか!!! 
珈琲のマメ知識も少し教えてもらい、豆の種類によって味も全然違っていて、どんな系統の豆が好きなのかもわかってきました。 

それから、時々お茶の時間にこれを使って珈琲を入れてきましたが、ある日(今年に入ってから)テーブルの上が濡れていて。。。 お漏らしをしている。。。 どこか悪くなったのか少し分解してみたけど、わからなくて。。。
寿命なのかな? そらぁ、この子もそろそろ休ませてあげないかんわな。ってことになりました。

最近の電化製品は、10年ももたないものが多いですが、昔の物はとっても長持ち。
愛着もありました。 なかなか捨てれず先日まで置いていました。 同じ機能がついていて同じようにコンパクトなものを探していましたがなかなか見つかりません。
結局、ミルは手でガリガリするタイプのを購入し、珈琲メーカーも購入しました。

粗大ごみに出す時はとっても心ぐるしい気持ちでいっぱいでした。 
今までありがとう。ご苦労さまと機械に言っている私は変な奴ですね ^^;
でも、30年以上も動いてくれて、美味しい珈琲を飲ませてくれてありがとうの気持ちでいっぱいです。


coffee.jpg
posted by smile at 21:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする